これが教科書!完全版!これさえ見れば安心・完璧な手づくり石けんの作り方の徹底ガイドです!

石けんつくってみませんか。

手作り石けんのブログをのぞき、作ってみたい!のあなたに贈ります。ポイントを押さえれば簡単に作れます。作り方を詳しく。

お教室に行かなくても大丈夫!顔や体の他に、シャンプー用の石けん、犬用の石けん、廃油石けん、みんな基本は同じです。

初心者さんでもこれだけ見れば完璧!の手作り石けんづくりのマニュアルです。

handmadesoap:plain

 

続きを読む

廃油石けん(粉石けん)

haiyusoap20180322

 

廃油がたまったので廃油で粉石けんを作りました。

  1. オイルの量をはかる。1230グラムでした。ほとんどキャノーラ油なので計算はカンタン。過剰油脂はいりません。鹼化率は100%ですが余裕をみて102%とし、
  2. アルカリ計算機&石けんシミュレーション  にかける。
  3. 苛性ソーダは167グラム。
  4. 水分は私はいつも26%なので320グラムなのですが、気持ち10グラム足して330グラムにしときました。
  5. 苛性ソーダ水を作り、トレース早い方がいいし、どうせあとの作業で香りが飛んでしまうんだし、と昔買ったコリアンダーの精油を小瓶1びん(10グラム)入れちゃいました。スパイス系の精油って、トレースが早く出るんですよね。(コレを知らない頃に買って、別のスパイス系使ったらトレース激早なのに恐れをなし、以後使い道もなく封も切らず、使い道がなくて困っていた)
  6. 模様はいらないので、ブレンダーを使ってさっさとトレースを出し、牛乳パックに型入れ。
  7. 次の日、牛乳パックを破って石けんをカット、さらにこまかく刻み、ヨーグルトメーカーに入れてひたひたの水を足し、65度で3時間、溶かす。この間、石けんが完全に溶け、加熱することで鹼化が進み、出来上がった石けんは4週間待つことなく、出来上がったらすぐに使える。(はじめからホットプロセスの石けんを作るテもありますが、湯煎にかけたりIHヒーターにかけたりして石けん生地に熱を加えながら1時間前後かき混ぜなければならない。溶かす手間と時間は同じなので、コールドプロセスで十分)
  8. 加熱が終わった石けん生地に塩を入れ(私のヨーグルトメーカーは1,000ml。塩は2つかみ入れます)かき混ぜると水と石けんに分離する。
  9. 水を捨て、氷水でよーく洗う。塩は氷水に溶けるが石けんは氷水に溶けずに固まる。
  10. ザルにとり、ざっと水気を取ってから新聞紙に乗せて水分を吸わせ、1日に1~2回、濡れた新聞紙を取り替え、石けんをよく混ぜる(乾くのが早くなる)。濡れているうちにある程度手でつぶしておくと後が気持ち、楽になる。
  11. 季節にもよりますが、1週間くらいで完全に乾き、新聞紙の上で塩析石けんがサラサラしてきたら、バーミックスにかけて粉砕する。
  12. 粉砕した石けんはフルイにかける。夏場なら粗目のザルで。冬場ならより目の細かい粉ふるいで。(冬場は水が冷たく、粉石けんが溶けにくくなるため)
  13. できあがった粉石けんの重さの半分程度、重曹を加える。(粉石けんは汚れは落ちるがニオイが取れないのが欠点。重曹を使えばパーフェクト!)
  14. 重曹が湿気を吸ってダマになっている時は、もう1度ザルなり粉フルイにかけてダマを取り除く。
  15. 完成!

 

手料理の好きなお母さんはいても、完全無添加、原材料から洗濯用の粉石けんを手作りするお母さんはそうそういないはずだわ。と自己満足にひたったりして。

いつも作っている模様の入っている石けんも、カットする時の切れ端やバリ、酸化して顔や体には使いたくないのとか、どうにも納得のいかない石けんを作ってしまった時は塩析で模様付けに使った成分を抜くことができるため、全部粉石けんにしてしまう。

今回の油の量でいくと、出来上がった粉石けんは1カ月もつかもたないか、微妙なところ。つまり結構いやかなり、消費量が多い。

このため、始終石けんを作っていても、いくら在庫の石けんが増えても「いざとなったら粉石けんにしちゃえばいいんだし」と気楽に構え、

つまり、いくら石けんを作っても作りすぎて持て余すことはない。

全部、使い切ります!

手作り石けん、いい趣味でしょ^^

 

(作った日:2018.3.22)

 

ソープカール石けん

soap-curl-soap20180610

作った石けんを薄くスライスし、くるくるっと巻いて埋め込む。石けんを巻くから「ソープカール」との名称がついている。わかりやすい。

しかし「巻く」って。難しいんですよ。

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

この石けん作る時なんか、緊張します~。

 

くるくる巻いていくうちに、スライスした石けんが裂けてしまう。となると埋め込んでも模様がキレイに出ないのではないか、と自己嫌悪のフチにたたきこまれた気持ちになり、使う気になれない。

なぜ裂けるのか。

ジェル化させると避けにくい、と聞き込み、

日本のカリスマソーパーのゆりくま先生の

・超高温で2時間保温(ゆりくまレシピだと確か95度)

・冷凍庫で4時間

で、石けんが柔らかいうちし、しかも板状にカットできるだけの固さをも併せ持つ、のタイミングで板状にスライス。

それでも裂ける時は割けてしまう。ああ、またしても自己嫌悪。

 

保温の加減もありますが、スライスがぶ厚すぎるから裂ける、とも考えられる。

と一人で勝手に仮説をたて、秘密兵器を試すことにしました。

 

www.brambleberry.com

 

ソープシェイバーを使うのです。

いつもは石けんの表面にカンナをかけるようにシープシェイバーを使い、出来上がりの石けんの見た目アップに大活躍のこのグッズ、カンナかけてでる薄ぅ~~い石けんなら、くるくる巻いても裂けないのではないか。

もちろん、作って1カ月も2カ月もたった石けんとかは無理だけど、作りたてなら~とためしてみたところ、パーフェクトとはいきませんが、まあまあ、いつもよりは成功率は高い。

型には無地だけを入れ、つくった

ヨックモックのシガールみたいな

ソープカールをちょいちょい刺して、あっという間にできてしまいます。あらかじめソープカールスライス用の石けん作ったり、削ったり、巻く手間時間かかってるから、下準備は必要ですけど。

 

 

■ソープカール石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2018.6.10 解禁日 2018.7.9】

オリーブ油                 114g(30%) 
エクストラバージンオリーブ油          38g(10%)
パーム油                   114g(30%)
ココナツ油                                             76g(20%)
グレープシード油                                   19g(5%)
ヒマシ油                                                    19g(5%)

苛性ソーダ 51g(鹸化率92%)
精製水 99g(水分26%)

オプション ROE
香り レモンバーベナ(FO)

ゴーストスワール石けん

ghost-swirl-soap20180606

 

お手本は

 

南アフリカの Clara Lindberg さんとおっしゃる
カリスマソーパーさんが世界の手作り石けん界!?を震撼させた!模様

その名も「ゴースト・スワール・ソープ」(Ghost Swirl Soap)。

auntieclaras.com

 

色材は使っていません。

なのになぜ模様ができるのか。

石けんを作る時には油と水と苛性ソーダと温度を使う。

このうち「水」と「温度」を使います。

手づくり石けんには「ジェル化」という現象があり、保温しているうちに

石けんが半透明っぽくなることがある。

  • 保温の温度が高く
  • 石けんと作る時の水分量が多い

の2つの条件がそろうと、ジェル化しやすい。

ことを利用して、

型入れのときに石けん生地の一部に水を足して模様付けをし、

保温の温度を高めに保つ。

私の温冷庫の最高温度は60度なので、

60度で24時間保温したところ、

模様が浮き上がってくるのです。

 

私の普段のレシピは水分量は油の重さに対して26%。新潟アロマティカの木下和美先生のレシピが26%だったのでマネしてみました。

キリ良く30%にしておくのがお教室あたりの無難なレシピでしょうか。

(ハーフモールド、250グラムバッジで石けん作って、4%の差は10g。小さじ2杯分にしかなりません。ちょっと手が滑ったりして、計量で微妙な違いが出るのはしょっちゅう。)

水分を40%くらいまで増やして作っていた時期もある。出来上がり、カットしたあたりまでは水分量の差はあまり感じないけれど、水分量多めだと、乾燥させている間に、石けんの長方体!? の1面1面・1辺1辺が、反ってくるんですよね~。水分が抜けるから。

それでも26%はかなり少な目の方。

もっと少なくもできるけど、模様づけのしやすさ、作業のしやすさ、そして苛性ソーダは劇物なので、確実に水に溶かさなければならず、苛性ソーダの重さの2倍くらいの水を使わないと不安が残るため、ぎりぎりのせとぎわが26%なのでしょう。

 

 

 

■ゴーストスワール石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2018.6.6 解禁日 2018.7.5】

オリーブ油                 114g(30%) 
エクストラバージンオリーブ油          38g(10%)
パーム油                   114g(30%)
ココナツ油                                             76g(20%)
グレープシード油                                   19g(5%)
ヒマシ油                                                    19g(5%)

苛性ソーダ 51g(鹸化率92%)
精製水 99g+17g(水分26%・39.5%)

オプション ROE
香り Shabe ond Haircut(FO)

サイドに流れるタイワンスワール石けん

taiwanswirlsoap20180603

 

 

 日本の誇る大ソーパー、佃 麻由美先生のオリジナル石けんアクリルモールド「T6」を使った石けん。

 

同じく日本の誇る大ソーパー、木下和美先生のお店にもあります。

aromatica-labo.jp

 

石けんを作ったあとに仕切りを沈めて模様をサイドに落とす模様は、日本では洋書の紹介から世に広まった。

 

洋書、ということは3人目の日本の誇る大ソーパー、小幡有樹子先生(アメリカ東海岸はボストンに言語学を学びに留学されていた)が日本に紹介してくださったのかもしれない。

 

とにかく、横に流れる模様、というのが斬新で、グッズがなければ作れない模様で、日本のソーパーさんは画像を見て羨ましがっていることしかできなかったのが、(海外ショップから個人輸入のテとかもあるんですが、外国語をクリアしなければならず、さらに石けんづくりの道具は単価が安い。そして送料が品物の値段のわりに高い。品代5,000円で送料10,000円の世界なので、割にあわずあきらめてしまう。英語くらいだったらねじりハチマキ&脂汗で押し切れそうですが、スペイン語・ポルトガル語なんて言われたらお手上げです。南アフリカなんていったら、いったい送料いくらかかるんだろう…。

台湾くらいなら。台湾、近いし、手作り石けんの道具売っている実店舗で、実物を見て購入できるらしい。

いつか、行ってみたいな。

 

 

 

■サイドに流れるタイワンスワール石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2018.6.3 解禁日 2018.7.2】

オリーブ油                 114g(30%) 
エクストラバージンオリーブ油          38g(10%)
パーム油                   114g(30%)
ココナツ油                                             76g(20%)
グレープシード油                                   19g(5%)
ヒマシ油                                                    19g(5%)

苛性ソーダ 51g(鹸化率92%)
精製水 99g(水分26%)

オプション カラージェル(レッド・イエロー)、二酸化チタン、ROE
香り バニラセレクト(FO)

青と白のドロップスワール石けん

dropswirlsoap20180603

日々ネットを徘徊し、あまたのソーパーさんの自信作の石けんを見せていただき、ほれぼれと見とれるとともに、「自分でも作れないかな」「作ってみたいな」の石けんを探しております。

だいたいは、トライし、「…私が作りたかったのはこの模様ではないのだが、これはこれで良い模様だと思う」に落ち着きます。

この石けんも例にもれません。

石けん画像を見ていて、はたと手と目がとまった石けんはですね、石けんの3/4くらいが無地で、サイドよりに模様が入り、「藤の花のように」ドロップが連なっている模様だったのです。

さっそく真似して作ってみる。

模様をあんまり大きくしたくない。色は石けんのはじの方にだけ入れたいので、ハーフモールドを使い、アマゾンのダンボールを切って仕切りにしてモールドの幅の1/4くらいの位置に差し込みむ。

下1~1.5センチくらいまで無地を型入れし、仕切りの小さい方に青と白をそーっと落とす。また1~1、5センチくらい無地を入れて再び青と白を落とす。を繰り返し、最後にそーっと仕切りを抜く。

で、出来上がってカットしてみたら、全然藤の花模様になっていない。正直がっかりしてしまい、下段左の石けんは縦カットではなく横カット。

まず敗因!?としては仕切りですね。仕切りをそーっと抜くときに、たまっていた色が全部上に流れてしまっている。落とした時にはあるいは藤の花模様だったのかもしれませんが。

仕切りを使えば藤の花模様ができないことは、おそらくは達人は最初から気づき、私みたいに出来上がった石けんをみて、「こんなはずじゃなかった」どころか「石けんを作る前に仕切りを抜けば模様が流れてしまうことくらいわかりそうなものなのに、なぜ気づかなかったのだろう」と変に納得してしまっている。

真の藤の花模様にするためには。

  • 真下にドロップ
  • 左に向けドロップ
  • 右に向けドロップ

もホントはできなきゃダメなんだろうな~。

またトライしなければ。

 

■青と白のドロップスワール石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2018.6.3 解禁日 2018.7.2】

オリーブ油                 114g(30%) 
エクストラバージンオリーブ油          38g(10%)
パーム油                   114g(30%)
ココナツ油                                             76g(20%)
グレープシード油                                   19g(5%)
ヒマシ油                                                    19g(5%)

苛性ソーダ 51g(鹸化率92%)
精製水 99g(水分26%)

オプション ラピスラズリパウダー
二酸化チタン、ROE
香り バニラセレクト(FO)

リクレイム石けん(2018年5月)

f:id:hitomi-shock:20180526141055j:plain

 

前回のリクレイム石けん。

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

石けん作る時に、カップにくっついた石けん生地をゴムべらで集め、しずくくらいしか残っていないのも、3~4色使う石けんだと、まとめると小さい石けん1個くらいの量になります。目測を誤った!? ときの量はもっと多い。

…を地味に続けて、モールド一杯にたまったら取り出してカットする。

前回の完成!?は1月。今回は5月。どれだけ石けんづくりに精進を重ねているのかが!? 間の日にちでわかってしまいますね~。

4カ月の間に作った石けんの色が、まんべんなく入っているはずです。

上の石けん、下に山型の模様の入っている石けんは、生地を入れる時、モールドをその都度出来るだけ傾けて温冷庫に入れたので、斜めの線が出ている。

残りの3つの石けんは、山型をあえて出さず、モールドの長方形の長いのに平行に縦カットしたので、レイヤーの線が平らです。

カップの残った生地を1つずつ垂らすのではなく、全部1つのカップにまとめて入れるとマーブル模様になるのですが、下の方マーブルは色がにじんでおり、真ん中のマーブルははっきりしている。

一番上は、マーブルというよりレイヤーだ。こっちの模様は、1個ずつ垂らしていった。のだと思う…。そして、生地が固めの時とか、ボテボテの生地を落としていくと、表面が凸凹になってしまうので、型を左に傾け、右に傾け…と揺らし、平らにする。すると細かいレイヤー模様が出るのですね。コレ、本番石けん!?の時にやってみようかな。

 

模様が重なる間に時間が開き、使っている間に境目がパカっと割れるリスクをおおいに含んでおり、またできあがった長方体の6面の表面はすべてカットしたあと適宜切り分けるため、どうしてもなんとなく、石けんの形が微妙に台形になってしまったりで。

普通の石けんも山ほど在庫であるのだし、使うかというと実は微妙だったりするけれど。でもときどき、自分でいうのもなんですが、とんでもなくアートな石けんができたりする。

なに

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

粉石けんにしてしまえばいいので、

どうせだから楽しんじゃおうかな。と。

 

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

 

handmadesoap.hatenablog.com