これが教科書!完全版!これさえ見れば安心・完璧な手づくり石けんの作り方の徹底ガイドです!

石けんつくってみませんか。

手作り石けんのブログをのぞき、作ってみたい!のあなたに贈ります。ポイントを押さえれば簡単に作れます。作り方を詳しく。

お教室に行かなくても大丈夫!顔や体の他に、シャンプー用の石けん、犬用の石けん、廃油石けん、みんな基本は同じです。

初心者さんでもこれだけ見れば完璧!の手作り石けんづくりのマニュアルです。

handmadesoap:plain

 

続きを読む

グリーンクレイとイエロークレイの6色石けん

6colorsoap20180124

 

新潟アロマティカさんトコの6色モールドを使った石けんです。

イエロークレイとグリーンクレイをつかっています。

 

クレイは平たく言えば泥。産地によっていろいろな色のクレイがあり、各地の自然によって色と成分が異なります。コスメをして市場に出回っているクレイは天然のミネラル成分がたっぷり含まれていて、粒子が細かく、お手入れに使うと有効成分をお肌に届け、洗い流す時に余分な汚れを吸着してくれる。

イエロークレイはオイリー肌やニキビ肌、日焼け肌向き。炎症を抑えてくれる。

グリーンクレイはエステサロン御用達の効力の強さ。やっぱり、オイリー肌、ニキビ肌用。

クレイパックに使うのなら効能は気になるけど、石けんだし。年齢肌ですが、グリーンもイエローも躊躇なく使っちゃってます。

 

ただし粒子が小さいのは長所ではありますが、顔に使う時だけはちょっと注意。目に入りやすいのです。洗いとすすぎの時、ぎゅーっと目をつぶりましょう♪

 

2色とも、色出しが良く言えばナチュラル、悪く言うと淡い色出しで色と色の境目が際立ちにくいので、顔料を使った色を一緒に使うと沈んでしまうのですが(ピンククレイは顔料のピンクより黄色みが入ってかわいい色が出るのでお気に入り、レッドクレイは強い色が出てインパクトがあるけど赤というよりレンガ色、シークレイはブルーがかったグレイ、ガスールはブラウンがかったグレイ、シークレイとガスールが大量に使えばわりとはっきり色が出る)今回みたいにクレイだけの石けんにすると押さえた色遣いが上品な仕上がり。

 

イエロークレイの混ぜが足りず、ちょっとムラが出来てしまったのが心残りではあります。

色と色の境目がたわんでしまうのがいかんともしがたい…。お教室では、100グラム(油に対してか生地に対してかで多少変わってきますが)あたり小さじ1杯くらいにしておきましょう、と教わりました。

同じ作り方をしてもたわむ時とたわまない時があります。

 

 

 

 

 

■グリーンクレイとイエロークレイの6色石けん

(480gバッジ、653ml)
【作成日 2018.1.24  解禁日 2018.2.22】

エクストラバージンオリーブ油    192g(40%)
パーム油               144g(30%)
ココナツ油               96g(20%)
グレープシード油 24g    (5%)
ヒマシ油                  24g    (5%)

苛性ソーダ 65g(鹸化率92%)
精製水   125g(水分26%)

オプション   グリーンクレイ
イエロークレイ
ROE
香り ラベンダー(FO)

トリコロール石けん

tricolorsoap20180124

 

ピュアオリーブ油を切らしてしまい、なかなか実店舗で大瓶を見つけることができず、エクストラバージンオリーブ油をメインに石けんを作っています。

なのでトリコロールの赤・白・青とも薄茶色がかった仕上がりになってしまう。もっとも、ピュアオリーブオイルを使っても真っ白にはなりません。石けんを白くしたいならメインのオイルは椿油かハイオレひまわり油か太白ごま油。

 

三分割の仕切りを使って色別に注いでいくのですが

ビシっと色が一直線のトリコロールもけっこう難易度が高い。

 

一番よくやる失敗のパターンは、色材の混ぜが甘い。ピンクはピンククレイ、ブルーはラピスラズリパウダーを使うのが私の定番ですが

「…仕切りに注ぐだけだし…」と鼻歌まじりに生地を3分割し、チャカチャカと色材を落として混ぜて生地を注ぐと…、出来上がったピンクなりブルーがマーブル模様になっている。…いい加減な性格がわかってしまう。

 

続いては、仕切りを抜くと境目のラインが乱れる。

お教室に3分割仕切りの石けんを習いに行ったとき、言われたのは、「真ん中だけ心持両端より多めに生地を注ぐとキレイにできあがります。」

でした。

で、盛大に真ん中に量を入れすぎるると、真ん中の白は赤と青の下にもぐってしまい、極端な話、富士山型になります。

 

トレースは固すぎても柔らかすぎても後々の後悔のタネ。

柔らかすぎると仕切りに型入れしたとたんに仕切りの隙き間から色が漏れ出してくる。仕切りを抜くときに気を使い、保管場所まで持っている時に揺れるだけでも模様にダメージかかりそう。

固すぎると仕切りの間に生地が入らない。そして型入れが終わり、仕切りを抜こうとしても抜けない。必死で生地を落とすとそれはそれで風情のある模様が出来上がりますが、求めていた模様ではない。そしてしきりにくっつく石けん生地の量が多ければ多いほど材料のロスが多い…。

 

縦カットより横カットのほうがおすすめの石けんです。

 

 

 

■トリコロール石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2018.1.24 
解禁日 2018.2.21】

エクストラバージンオリーブ油    152g(40%)

パーム油           114g(30%)
ココナツ油           76g(20%)
グレープシード油 19g(5%)
ヒマシ油                  19g(5%)

苛性ソーダ 51g(鹸化率92%)
精製水 99g(水分26%)

オプション     ピンククレイ

ラピスラズリパウダー

ROE
香り ラベンダー(FO)

イエローベースのピーコックスワール石けん

peacockswirlsoap20180120

 

 さて、前回、

www.brambleberry.com

 念願かなって手に入れたSwirl Tool Kit。

で、実は作ってみた石けんは、全然ピーコックにならなかった。

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

憧れのキットを手にするやいなや作ったのですが、ぜんぜんピーコックにならない。

プラスチックのプレートに規則正しく穴をあけ、ネジを入れて六角ナットで止めているのです。で、このネジの長さがせいぜい3~4センチしかない。

一方、使ったモールドは

ブラウニータイプで、深さが5.5センチあり、早い話がモールドの底までネジが届かないという。

そしてキットはアメリカンサイズ。長さが35.5センチもあり、びっしりネジが入ると2列の場合モールドの中で動かせない。

 

こうなったらコストは2の次です。どんなことがあっても使ってやる!と頭にカッカと血が上り、

  • 70mmのステンレス丸皿小ねじ
  • ステンレス6角ナット

 を買い(6角ナットはなくてもよかったのかもしれません。しかしアメリカと日本とネジの規格がもしかして違うのかもしれない。2回通販で頼んだのではまた時間がかかってしまう)

届くと黙々とアメリカの3~4センチのネジをはずし、日本の7センチのネジにつけかえ、2列の方は、ネジをいくつ止めればピーコック模様にすべくベストな動きに支障が出ないのか。1つネジを締めモールドに入れて動かし、1つネジを外して再びモールドに入れて動かし…を繰り返し、

 

やっと完成した世界に1つの私のピーコックスワールキットはこちらです。

 

peacockswirlkit

 

 

 

■イエローベースのピーコックスワール石けん

(500gバッジ、680ml)
【作成日 2018.1.20 
解禁日 2018.2.18】

エクストラバージンオリーブ油        200g(40%)
パーム油        150g(30%)
ココナツ油        100g(20%)
グレープシード油               25g(5%)
ヒマシ油              25g(5%)

苛性ソーダ 67g(鹸化率92%)
精製水   130g(水分26%)

オプション イエロークレイ
竹炭パウダー
ウルトラマリンバイオレット
二酸化チタン、ROE

香り オートミールミルクハニー(FO)

レッドクレイのピーコックスワール石けん

peacockswirlsoap20180114

 

アメリカの手作り石けんの材料ショップ

Bramble Berry ® からSwirl Tool Kitをお取り寄せしたのです。

www.brambleberry.com

 

 私は手作り石けんのキャリア、5年くらい。記憶をたどり、メールボックスを覗いたところ、2013年ごろからその手のメール入ってきてる。以来ハマりっぱなしです。

 

ピーコック模様はこのころ、大評判になっていた模様で、初心者でそのころは初々しかった私!?来る日も来る日もヨダレたらさんばかりに画像検索しては出てくる石けんの模様に見入っていたものです。

 

おそらくは、イタリアはフィレンツェ名物に、マーブル模様ってありますね。長方形の大きな容器に液体を入れ、絵具を落として模様をつけ、最後に紙をそっと水面において模様を写し取る技法。

 

にインスピレーションを得て、世界のどこかのソーパーさんが考案し、あっという間に広まった。

www.lovinsoap.com

 

ピーコック模様をつけるためのツールは手作りできます。

 

私は方眼模様のモールドの幅に合わせた定規を買ってきて

竹串を等間隔(私は1.5cm)にセロテープで貼っておく。

 

色をつけた石けん生地を線状にモールドに落としていって、自家製スワールキットをモールドに入れて一気に引く。

その後スティックでなみなみ模様を描けば、ピーコック模様ができるのです。

 

人気沸騰を受けてアメリカで発売されたSwirl Tool Kit。今35ドルだけど、前はもっと高かった気がする…。

 

前にアメリカ旅行した時にお世話になった方が、「日本に里帰りしますから(石けんの道具で)欲しいものがあれば持っていきます」とおっしゃってくださり、ならば、と何年も見ているだけだった高嶺の花のこのお品をリクエストしたのです。

 

この次にアップする石けんもピーコック模様なのです。

次回に続きます。

 

 

 

 

 

■レッドクレイのピーコックスワール石けん

(500gバッジ、680ml)
【作成日 2018.1.14 
解禁日 2018.2.12】

エクストラバージンオリーブ油        200g(40%)
パーム油        150g(30%)
ココナツ油        100g(20%)
グレープシード油               25g(5%)
ヒマシ油              25g(5%)

苛性ソーダ 67g(鹸化率92%)
精製水   130g(水分26%)

オプション モロッカンレッドクレイ、
竹炭パウダー
二酸化チタン、ROE

香り バニラセレクト(FO)

リクレイム石けん

reclaimsoap201801

 

リクレイム石けんとはですね。

石けんを作るときに模様付けなどをするために余裕を持たせて生地を少し多めに用意します。

それと石けんを作り終わった後、ボウル、カップ、仕切り、泡だて器、ブレンダー、スプーンやスティック等々、石けん生地がまだついている。

 

海外有名YouTuberソーパーさんの動画なんかなど、ひとしずく、ふたしずくくらいまでなら、そして縦カットの模様を見せる石けんであれば、型入れの終わった石けんの上に色生地を散らしてスティックを表面だけちょいちょい動かせば手軽に石けんのトップに模様ができるので、私も愛用している技法ではあるのですが。

 

石けん作るのに3~4色使うとして、型入れ終わって、カップ1つに10~20mmくらいはまだ生地、残ってます。つまり4色だと40~80mm。馬鹿にならない量です。仕切り使うと、仕切り抜いた後もかなりの量、残っている。30mmくらいになる。

なので一気に型入れ、表面の模様をつけ、モールドに入った石けんを温冷庫に入れた後、じっくりと、これらの生地を集めていくのです。

 

石けん作ったあとの洗い物って、手間がかかります。油が強い。少しでも環境への負担を減らさねば、の意味もあります。

(ついでに言えば、生地を集めたあと、古着とか古タオルをあらかじめ雑巾大に切った布で拭いてから洗います。布は石けん作るときに敷く新聞紙にくるんで小さめのレジ袋に入れて燃えるごみの日に捨てる。)

 

1色ずつ型に入れる時と生地をまとめて入れる時がある。気分次第♪

まとめて入れる時も上から一気に流すか。モールドのフチからゆるゆると流しいれるか。

そしてトレースが進んでかなりボテボテの生地の時もあるし、まだ全然柔らかい時もある。

流す量が多い時もあれば少ない時もある~♪

 

基本、レイヤー石けんができあがりますが、やっぱり、遊んでみたくなるので、生地がこぼれない程度にモールドを傾けて温冷庫に入れれば、斜めのラインが出る。

 

今のところ週1~2回石けんを作っています。2~3か月でハーフモールドがいっぱいになる。

で、型から出し、モールドに触れている部分は、模様、やっぱりクリアじゃないんで、カットしてしまいます。直方体6面のうち、上下以外4面を5mm、落とす。

その後縦カットするか、横カットするか。横カットなら残り2面も5mm、落としてしまいます。

 

毎回、どんな模様が出るのか、 とても楽しみだったりします。

 

香りも、最低10種類くらいは混ざっているはず。

 

ただし。使うときには。色と色の境目のところでパカッと割れたりするので、注意が必要です。

お花とハートと星のゴースト石けん

お花とハートと星のゴースト石けんghost soap in confetti20180108

石けんづくりにはマストの素材、ピュアオリーブオイルを切らしてしまいました。

いつもピュアオリーブオイルは5リットル入りのを買います。 値段は3,500円以内で買えればまあ良しとする。

 時々激安が出ます。若干賞味期限が近いとか箱崩れとかですね。

2,800円くらい。 しかしもともと数量限定ですから、出たと思うとすぐ品切れ。

手持ちのオイルの残りの量をにらみながら次の補充に備えリサーチするのですが今回はタイミングが合わなかった。

 

石けんづくりを始めた頃、近所のスーパーでエクストラバージンオリーブオイルを購入したことがあります。 トレースが異常に早かった。

エクストラバージンオイルは、ピュアオリーブオイルよりトレースが遅いはずですが 逆だった。トレース激早だった。

エクストラバージンとラベルに書いてはあるが、きちんとしたメーカーと比べて、値段があまりにも安すぎる。 実はポマスオイルではないかとの疑いが消えない…。

 

スーパーで買えるピュアオリーブオイルなら 「ボスコ」であれは間違いないのですが、 ウチの近所のスーパーでは小瓶しか置いてなくてコスパははなはだ悪い。

 

なので「やまや」に行きました。 ピュアオリーブオイル、置いてない…。 でも、石けんを作りたい!

イタリア直輸入のエクストラバージンオリーブオイルが セール中だったので、 これも勉強。と購入。

底値激安のピュアオリーブオイルが手に入るまでは エクストラバージンオリーブオイルを使って石けんを作っていきます。

 

出来上がった石けんの色が、ピュアオリーブオイルよりくすむのですよ。

なのでそこを利用したデザインにしてみました。

ゴーストスワールという模様があり、 同じレシピで水分量だけを変えるのです。

水分量の多い石けんはジェル化しやすい。

水分量の多い生地・少ない生地で模様を付け、 高めの温度で保温すると ジェル化した石けんは不透明な色目に仕上がるため、 色の濃淡が出る。

作ったことあるのですが、ひいき目にみて模様は入っている。 しかし写真に撮ると…限りなく無地に近かった。 難易度高い。

前回縁取り石けんを作り、無地が余ったため、 手持ちの星型・花型・ハート型のモールドに入れる。花型には二酸化チタン入れました。 いつもの私の水分量はオイルに対して26%。

で、同じレシピで、水分量だけ35%にして型入れし、 26%のコンフェッティを埋め込、高めの温度で保温。

 

出来あがりはご覧のとおり。 うーん、65点!

 

 

■お花とハートと星のゴースト石けん(380gバッジ、551ml)
【作成日 2018.1.8  解禁日 2018.2.6

エクストラバージンオリーブ油        152g(40%)
パーム油           114g(30%)
ココナツ油           76g(20%)
グレープシード油 19g(5%)
ヒマシ油                  19g(5%)

苛性ソーダ 51g(鹸化率92%)
精製水 133g(水分35%)

オプション 二酸化チタン、ROE
香り クランベリーフィグ(FO)