これが教科書!完全版!これさえ見れば安心・完璧な手づくり石けんの作り方の徹底ガイドです!

石けんつくってみませんか。

手作り石けんのブログをのぞき、作ってみたい!のあなたに贈ります。ポイントを押さえれば簡単に作れます。作り方を詳しく。

お教室に行かなくても大丈夫!顔や体の他に、シャンプー用の石けん、犬用の石けん、廃油石けん、みんな基本は同じです。

初心者さんでもこれだけ見れば完璧!の手作り石けんづくりのマニュアルです。

handmadesoap:plain

 

続きを読む

廃油石けん(粉石けん)

haiyusoap20180322

 

廃油がたまったので廃油で粉石けんを作りました。

  1. オイルの量をはかる。1230グラムでした。ほとんどキャノーラ油なので計算はカンタン。過剰油脂はいりません。鹼化率は100%ですが余裕をみて102%とし、
  2. アルカリ計算機&石けんシミュレーション  にかける。
  3. 苛性ソーダは167グラム。
  4. 水分は私はいつも26%なので320グラムなのですが、気持ち10グラム足して330グラムにしときました。
  5. 苛性ソーダ水を作り、トレース早い方がいいし、どうせあとの作業で香りが飛んでしまうんだし、と昔買ったコリアンダーの精油を小瓶1びん(10グラム)入れちゃいました。スパイス系の精油って、トレースが早く出るんですよね。(コレを知らない頃に買って、別のスパイス系使ったらトレース激早なのに恐れをなし、以後使い道もなく封も切らず、使い道がなくて困っていた)
  6. 模様はいらないので、ブレンダーを使ってさっさとトレースを出し、牛乳パックに型入れ。
  7. 次の日、牛乳パックを破って石けんをカット、さらにこまかく刻み、ヨーグルトメーカーに入れてひたひたの水を足し、65度で3時間、溶かす。この間、石けんが完全に溶け、加熱することで鹼化が進み、出来上がった石けんは4週間待つことなく、出来上がったらすぐに使える。(はじめからホットプロセスの石けんを作るテもありますが、湯煎にかけたりIHヒーターにかけたりして石けん生地に熱を加えながら1時間前後かき混ぜなければならない。溶かす手間と時間は同じなので、コールドプロセスで十分)
  8. 加熱が終わった石けん生地に塩を入れ(私のヨーグルトメーカーは1,000ml。塩は2つかみ入れます)かき混ぜると水と石けんに分離する。
  9. 水を捨て、氷水でよーく洗う。塩は氷水に溶けるが石けんは氷水に溶けずに固まる。
  10. ザルにとり、ざっと水気を取ってから新聞紙に乗せて水分を吸わせ、1日に1~2回、濡れた新聞紙を取り替え、石けんをよく混ぜる(乾くのが早くなる)。濡れているうちにある程度手でつぶしておくと後が気持ち、楽になる。
  11. 季節にもよりますが、1週間くらいで完全に乾き、新聞紙の上で塩析石けんがサラサラしてきたら、バーミックスにかけて粉砕する。
  12. 粉砕した石けんはフルイにかける。夏場なら粗目のザルで。冬場ならより目の細かい粉ふるいで。(冬場は水が冷たく、粉石けんが溶けにくくなるため)
  13. できあがった粉石けんの重さの半分程度、重曹を加える。(粉石けんは汚れは落ちるがニオイが取れないのが欠点。重曹を使えばパーフェクト!)
  14. 重曹が湿気を吸ってダマになっている時は、もう1度ザルなり粉フルイにかけてダマを取り除く。
  15. 完成!

 

手料理の好きなお母さんはいても、完全無添加、原材料から洗濯用の粉石けんを手作りするお母さんはそうそういないはずだわ。と自己満足にひたったりして。

いつも作っている模様の入っている石けんも、カットする時の切れ端やバリ、酸化して顔や体には使いたくないのとか、どうにも納得のいかない石けんを作ってしまった時は塩析で模様付けに使った成分を抜くことができるため、全部粉石けんにしてしまう。

今回の油の量でいくと、出来上がった粉石けんは1カ月もつかもたないか、微妙なところ。つまり結構いやかなり、消費量が多い。

このため、始終石けんを作っていても、いくら在庫の石けんが増えても「いざとなったら粉石けんにしちゃえばいいんだし」と気楽に構え、

つまり、いくら石けんを作っても作りすぎて持て余すことはない。

全部、使い切ります!

手作り石けん、いい趣味でしょ^^

 

(作った日:2018.3.22)

 

うろこ模様の石けん(バリエーション)

scalessoap20190112

 3分割の仕切りを使います。

 


【ポストお届け可/8】ミルク・ハーフタイプ専用 マルチカラーセット(ボード&パーツ) 【手作り石けん/アクリルモールド/手作り石鹸】

 

 

真ん中に無地を入れて、両脇には色生地を順番に入れていくだけです。

手作り石けんの模様づけのインスピレーションは、私が石けんを作り始めたころには、本とか、ブログとか。海外ソーパーさんの洋書なんかもありました。

今はインスタ全盛ですね。

この石けんも、同じデザインをインスタで見つけて、マネして作ってみたのです。検索ワードを忘れてしまったので載せられない。

お手本の同じ作り方の石けんは、もう少しスイートな仕上がりだったような。使う色を淡くして、もう少し縦長になっていたような気がするわ~。

ブログでもインスタでも動画でも、はじめに入れる検索ワードが大事なんですよね。日ごろから情報の集まりそうなところにちょこちょこ覗きに行き、検索ワードのボキャブラリーをストックしておくとか、精力的に活動されている石けんの先生をフォローして模様のネーミングを仕入れていかないと、同じような石けん画像しか検索結果に並ばない。

マネして作っても、そうそう同じ模様の石けんが出来上がるはずもなく、出来上がった石けんの模様は自分のオリジナルになってしまうのがうれしいといえばうれしいんですけどね~。

昔、ピーコックスワールの作り方を知りたくて新潟の大ソーパー、木下和美先生のところに石けんづくりを習いに行ったことがあります。今は知らないけど、私が行ったときは生徒さんは3~4人で、全員が作りたい石けんを先生に上申!? し、先生が全員にアドバイスしながら進めてました。

となりの方は3分割の仕切りを使い、この石けんの模様と同じなんですが、さらに真ん中にもレイヤーを重ねて行くデザインで、「お、この石けんの作り方のコツもきいちゃお」と必死になって聞き耳を立てていたものでした。

 

Soap Crafting: Step-by-Step Techniques for Making 31 Unique Cold-Process Soaps

Soap Crafting: Step-by-Step Techniques for Making 31 Unique Cold-Process Soaps

 

 

 

 

■うろこ模様の石けん(バリエーシション)(380gバッジ、517ml)
【作成日 2019.1.12 解禁日 2019.2.10】

オリーブ油            152g(40%)
パーム油                114g(30%)
ココナツ油                           76g(20%)
グレープシード油                 19g(5%)
ヒマシ油                                  19g(5%)

苛性ソーダ     51g(鹸化率92%)
精製水        99g(水分26%)

オプション ピンククレイ、グリーンクレイ、ROE
香り パルマローザ、スペアミント

ティアドロップ石けん

teardropsoap20190106

 

 しずくの形がハッキリ出るティアドロップ石けん。

初めて見たときには興奮してしまいましたよ~。

 


Teardrop Soap Technique | Cold Process | Soap Challenge Club

 

お手本の石けんみたいに完璧なしずく形とはいかないけれど、十分に満足な出来です。

作り方としては、お手本の石けんの無地の部分、下はやや透明な色、上はややマットになっていますね。ここにヒントがある。

まずモールドに少し、無地を入れる。

続いて、モールドの真ん中に線状に色付けした生地を静かに落としていく

お手本の画像からいくと

黒・水色・黒・水色・黒・青・黒・水色・青・黒・水色・青。

を順番に落とし終わったあとで、残った無地の生地を2つのカップに分けて、モールドのヘリをつたうように両側から静かに注ぎ入れる。

線状に入れた色付けの部分が両側から無地を落とすことによって端の部分は上に持ち上がり、しずくの形に変化するという。

前にも1回作ったことがあったのですが、トレースがゆるすぎ、そして両端から生地を注ぐときに手が震え、しずくどころかしずくの形が震えゆがみ、亡霊のようになり、またしずく自体も小さくて、たいそう貧弱な形になってしまったのを覚えている。

トレースを強すぎず弱すぎずほどほどに出し、一気に仕上げるべきだったのだ。

と今回は成功感に打ち震えております。

ティアドロップ石けんがきれいにできたのだから、つぎは

 


The Secret Feather Swirl Cold Process Soap

 

 シークレットフェザースワール石けんにトライしてみるべきだろうか。

1回作ったことがあるのですが、海外の石けんのモールドは日本のそれより大幅に大きく、つまり私のモールドだとフェザーの部分が幅、せいぜい2センチくらいにしかならず、使う色生地もほんのちょっと。

で、ショボい石けんになっちゃったんだよな~。

 

 

 

■ティアドロップ石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2019.1.6 解禁日 2019.2.4】

オリーブ油            152g(40%) 
 パーム油                114g(30%)
ココナツ油                           76g(20%)
グレープシード油                 19g(5%)
ヒマシ油                                  19g(5%)

苛性ソーダ     51g(鹸化率92%)
精製水        99g(水分26%)

オプション ラピスラズリパウダー
竹炭パウダー
二酸化チタン、ROE

香り    ローズマリー、ユーカリ

はちみつ石けん

honeysoap20190106

 シンプルな石けんです。

はちみつ石けんは使用感がとても良い。もともとはちみつは美容素材だし、肌に髪に市販品の石けんにだって超高級ブランドの化粧品メーカーのスキンケアにだって使われている信頼の老舗の素材であるし、さらに入手しやすい!石けん材料店のサイトにわざわざ行ってポチって送料かけて取り寄せなくても、簡単に手に入る。それでいて保湿に抗菌に優れ、できあがった石けんはオプションなしの石けんとの違いがはっきりわかる。と良いことずくめ。

分量としては、ハチミツ20グラム使っています。ハチミツを入れるタイミングは、はっきり言っていつでもいい。ただし、昔、苛性ソーダ水と一緒にハチミツ入れたら、出来上がった石けんが気泡だらけになったことがあったので、以来用心して、私は型入れ直前に入れます。電子レンジに入れて温めて、ハチミツをサラサラにするのをお忘れなく。もうちょっと石けんの肌がすべすべになればよかったんだけど、つぶつぶが見えるなあ…。ニュージーランド産のマヌカハニーを使っています。さらに言えば、サラサラを通り越して、電子レンジの中のハチミツは沸騰していた…。だからキメの荒い石けんになってしまったのだろうか。

20グラムの大部分は水分なので、ストレートに石けんの水分が増えると思って間違いない。そして型出しの時、必ず水分が染み出しているので、モールドからするっと出る。うっかりして手が滑って取り落としてしまわないようご注意を。

いつもは出来上がった石けんは、半年くらい熟成させてから使っているのですが、この石けんは、解禁日になったら使ってみようかな。解禁したての石けんは、香り立ちがフレッシュなんですよ。使ったハチミツはかなり香りが強かった。解禁と同時に使えば、まだまだハチミツの香りが楽しめるはずです。

いつもは家の2メートルくらいあるサイドボードの上で石けん、乾燥させてるんですが、今回は手元に置いて、解禁を今日か明日かと待ち焦がれることにいたしましょ♪

 

 

 

■はちみつ石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2019.1.6 解禁日 2019.2.4】

オリーブ油            152g(40%) 
 パーム油                114g(30%)
ココナツ油                           76g(20%)
グレープシード油                 19g(5%)
ヒマシ油                                  19g(5%)

苛性ソーダ     51g(鹸化率92%)
精製水        99g(水分26%)

オプション はちみつ、ROE
香り ローズマリー、ユーカリ

リクレイム石けん201812

reclaimsoap201812

前回のリクレイム石けんは

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

1か月前。

間に作った石けんの使い残しの記事を内径5センチ角前後の正方形の縦長モールドに入れていき、ちょうどいい高さになったところで型出しし、縦半分にカットしています。

斜めの線は、生地を入れたモールドを温冷庫

 

TWINBIRD 2電源式ポータブル電子適温ボックス D-CUBE X グレー HR-DB08GY

TWINBIRD 2電源式ポータブル電子適温ボックス D-CUBE X グレー HR-DB08GY

 

 の下の段に入れ、新聞のチラシを丸めたものに立てかけ、斜めの線を出しています。

2回、斜め立てかけやっています。

1回目と2回目は角度が違っている。

大きく3回分ですが、3回目は青と白が残り、使ったカップにこびりついた石けん生地をゴムべらで集めているため、青と白が混ざっており、2回目の斜め入れも主に白だったから、出来上がり2コの石けんのうち、1コは境目がわかりにくくなっている。(向かって右)

さらに、3回目の型入れの時はトレースが進んでボテボテ状態だったので、青なり白なりの大きな塊が見えます。

 

もともと、リクレイム石けんは、日本の手作り石けん界の草分けの1人、神ソーパーの大先生である小幡 有樹子先生の

 

とっても簡単! 作って楽しい! はじめての手作りアート石けん

とっても簡単! 作って楽しい! はじめての手作りアート石けん

 

 

で紹介されていたのです。

模様付けの石けんを作りたい我が身。間をおかずにせっせと石けんを作り、度胸もないから色生地は多め・多めに準備し、毎回かならず残ってしまう石けん生地。そしてブレンダーやスプーンやカップにくっついて残った生地は、無理に使うとせっかく作った石けんの模様が崩れてしまいそうで怖くて使えず、捨ててしまうにしても、型入れの時の石けん生地は、油だから、後片付けの手間が大変で、何より、模様にはならなくても、4週間乾燥させさえすれば、石けんとして使えるのに、もったいない。例えば、デザイン仕切りを使った石けんだと、仕切りについた石けんは洗わず、4週間置いてお風呂の残り湯につけて洗濯に使っちゃうけど、道具はまた使うし置き場所もない…。の私にはピッタリでした。「リクレイム」のネーミングも好き。

 

 

 

モネ石けん(インプレッションソープ、印象派の石けん)

impressionsoap20181220

 

 この石けんもずっとアップしたかったけど、なかなか成功しなかった。

前回のトライは

 

handmadesoap.hatenablog.com

 

モネ石けんは、4色の石けん生地をドレッシングボトルに入れてチューチューと線状に型入れしていけば出来上がるのですが、前回はトレースが進みすぎて線が太くなりすぎた。

さらに、ドレッシングボトルを洗い、しまったまではよかったのですが、どこにしまったのかきれいさっぱり忘れてしまった。

家の誰も使うはずもなし、絶対捨てていないはずだから、そのうち出てくるに違いない。モネ石けん、リトライしたいがやむをえない、と間が空いてしまいました。

流しの下にありました!発砲スチロールの箱の中に入れていたので中身が見えず、奥の方を覗く機会がなかったので発見!?が遅れてしまった。

石けんの型も数か増えると置き場所に困る。

家の中の何か所にも置き場所が分散し、ドレッシングボトルも4つとなるとなおさらに場所を食い、レアな場所!?に置いたのが間違いのもとでした。

揺れ動く光をとらえた

 

 

ね、似ているでしょ?

(と喜びのあまり自画自賛)

 

名付けたのは海外のソーパーさんで、言いえて妙。「印象派」の名がついたからこそ、世界中のソーパーの憧れの石けんになったんですよね。

二酸化チタンを使って1色を白にすると出来上がりの見栄えがよくなる。

もう1色は無地にして、

残る2色はできるだけ対照的な色使いにするとよい。

とお教室で教わりました。

 

この石けん、ちょっと色が強すぎたかな。もう一段、淡くするとより印象派っぽくなったのに。ドレッシングボトルが不透明で、いまひとつ、色が読み切れなかった。

 

 

 

 

■モネ石けん(380gバッジ、517ml)
【作成日 2018.12
.20 解禁日 2019.1.18】

オリーブ油            152g(40%) 
 パーム油                114g(30%)
ココナツ油                           76g(20%)
グレープシード油                 19g(5%)
ヒマシ油                                  19g(5%)

苛性ソーダ     51g(鹸化率92%)
精製水        99g(水分26%)

オプション カラージェル(レッド)
ラピスラズリパウダー
二酸化チタン、ROE

香り ファーニードル、シダーウッド